容器ラベルはシールと印刷どっちが安い?

容器が決まったら次に必要になるのはラベルです。容器に直接印刷(ダイレクト印刷)をする場合と、シールを貼る場合の二通りが考えられます。直接印刷とシールはどっちが安いですか?というお問い合わせをいただきます。

大きいポイントは、数量、容器形状、印刷内容です。
一般的には、数量が少ない(500個以下など)場合はシールの方が安く、数量が多い場合は直接印刷の方が安くなります。直接印刷は機械にセットするための固定費がかかり、容器の形状によっては追加費用がかかる場合があるからです。

価格だけをみて選択する方法もあるかと思いますが、実際のケースをみると、シールに適した印刷内容(デザイン)、印刷に適した印刷内容(デザイン)があります。また、化粧品と雑貨ではパッケージとしてどちらが適しているか、という問題もあります。結局は完成イメージに合わせて一番良い方法を選択する、ということになると思います。

弊社は直接印刷(ダイレクト印刷)が専門ですが、ケースによってはシールをおすすめする場合もございます。それは、お客様にとって一番良い方法を一緒に考え、売れる商品を作りたいからです。

容器の印刷のご相談は東静容器株式会社で承っております。
タイトルとURLをコピーしました